システム手帳

このホームページのタイトルにもなっている『レザークラフトの手帳』、
ようやく作りました。

システム手帳は、なんと言っても金具が特殊です。
うまく付けられるかしら、、、と心配しながら部品を探す。

レザークラフト・ドットジェーピーでは、付属金具のステイショナリーにありました。
6穴タイプでも、サイズが210mm,171mm,127mm,105mmがあり、
メーカーも安いのと高いのといろいろあります。
価格が高いのは「クラウゼ社製」らしい。
この会社の名前は聞いた事がない。
その世界では有名かもしれないが、知ってる人はあまり居ないのではないか?
価格も安い物の倍以上もする。予想外。
しかし、、、どうせ作るなら、、、気分よく使いたい、、、
ここは迷わず、「クラウゼ社製」にしよう!

サイズは、汎用性がもちろんあり、171mmがバイブルサイズ、127mmがミニサイズという。LOFTで見た海外のシステム手帳もこのどちらかが多い。
輪っかの直径サイズもそれぞれ数種類ある。

どこかでもっと安くで売ってないかググってみたら、びっくり格安を発見。
アウトレット特価と書いてあったから、いつまでもはないと思うけど、
2点購入しました。
クラウゼ社製171mm,リング径15mmが378円!
クラウゼ社製127mm,リング径10mmが315円!

届いたけれど、密封された袋に入ってました。
説明書一切なし。。。これ、、、偽物じゃないよね??
クラウゼ社の刻印はあるし、開閉もスムーズだし、裏の造形も他の店の写真と比べても変わりない。業務用なのかしら。。。

とにかく、格安で手に入れ、革はうちにあるものを見繕って裁断して、材料は揃いました。

右上が171mmの金具。右下でレフィルをはさんでいるのが127mmで今回はこちらで作ります。
革のサイズ(薄茶色)は、145×210で厚さ3mm。
金具をとりつけるピンクは、145×110で厚さ1mm。
両サイドの焦げ茶ポケットは、145×60で厚さ1mm。
この写真にはありませんが、その後にペンホルダー用に、
22×53を2つ、22×57を1つ使いました。

**************************

作り方

  1. 型紙をつくって、沿って裁断
  2. ポケットの内側にあたる部分の床面を磨く。
  3. ピンクの革に切り込みを入れ、金具をはさんで取り付ける。
  4. ゴムのりで、表の革(薄茶色)とピンクを全面貼付け、次に、ポケット部分(焦げ茶)の周囲だけ(縫う所)を貼付ける。
  5. 周りを菱目打ちで穴をあける。(ペンホルダーを横に配置してみた写真↓)
  6. ペンホルダーを挟み込みながら周囲を縫い、コバを磨いて、完成!!
    (ペンホルダー部分は磨けなかったので、縫う前、いやのり付けする前に、表の革単体でコバ磨きをしておけば良かったと思う)

**************************

感想

意外と短時間(休日2日間分)でできてしまいました。金具の付け方の説明書がなかったので、少し悩みました。金具は2種類のサイズを買いましたが、取り付け部分の形状が異なります。他のサイトの画像を参考にしようと探しましたが、バイブルサイズのしか情報がありませんでした。ミニサイズの形を見て革に切れ込みを入れるだけでうまくいって良かったです。

ペンホルダーは両側がきちんと閉まるか不安だったので、3カ所に付けました。今、とても気に入っている、uni-ball signoのボールペンにジャストサイズでペンホルダーの太さを決めました。ペンの出し入れがとても気持ちよくできて、使う度に嬉しくてニンマリしています。

**************************

レーシングポニー(ステッチングポニー)を持っていませんが、静かな穴開け機のドリススタンドに付いていて余ったバイスを替わりに使っているとの情報をコメントで寄せていただいたので、初めて試してみました。本当は挟む位置が縫う位置に近い方がいいのでしょうが、それは無理でしたが、それでも、とっても使いやすく縫いやすかったです。

挟む部分は金属なので、ハサミ痕がつかないように、革のハギレをクッションに入れました。

 

 

3 Responses to “システム手帳”

  • YT より:

    私も趣味で革細工を行っています。システム手帳も6つは作りました。
    日本にシステム手帳が紹介されてから「クラウゼ社製リング」はあまりにも有名です。無理やり革にくっつけて、ハンマーでガンガンやって取り付けていますが丈夫です。
    最近は、東急ハンズの放出品のマウスパッド革をつかい、ミニ6を2つ、超整理手帳を1つ作りました。
    これからも情報発信をよろしく。

    • crara より:

      コメントありがとうございます。

      クラウゼ社は、やはり有名だったのですね。
      使い心地はいいですね。
      今回は10ミリ径のリングで作りましたが、年間スケジュールを入れたら
      いっぱいになってしまいました。
      次は、もう一回り大きい径で作りたいと思っています。

      YTさんのホームページを拝見しました。
      生活の中でこだわりを楽しまれていらっしゃいますね。
      「超整理手帳」、、、きっと優れものなんでしょうね。

      たまにしか更新していませんが、
      また覗きにいらしてください。

  • やまだ より:

    きれいな仕上がりですね。
    僕もそろそろシステム手帳製作に入る予定です。

    どこかの通販で「マイクロサイズ5穴」の金具(勿論クラウゼ)を取り寄せました。
    「金具の取り付け」が詳しいHPは無かったので、心配でした。
    イラスト入りの簡単な「説明書」が付いており、発売元は「協進エル」(後で見たらカタログ掲載品でした)。
    クラウゼHPの金具の種類の多さには驚きました。


やまだ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。