静かな穴開け機(下調べ編)

普通に穴開けポンチで穴をあける時、
縫い目をつくる菱目打ち、
カシメ、ハトメ、ホックを付ける時、
下にはゴム版や打ち台を置いて木槌で叩くのが最も一般的な方法です。

が、マンションでは音が響きます。
どうしても叩き方が弱くなり、なかなか作業がすすみません。
試しに公園でやったら、ぱっぱとできました。
しかし、打つ度に外へ出るのは気が乗りません。

いい方法はないかネットで調べてみました。

(1)重い木の切り株を台にして、その上で叩くと響かないようです。

切り株・・・良いかもしれないが、ほんとに響かないのか・・・?

(2)菱目パンチ、スクリューポンチを使う

叩かずに、パンチで穴をあけます。革を挟んで穴をあけるので、当然音はしません。
ひとつ、2500円〜4000円くらい。すずらんで売ってます。

(3)ハンドプレス機を買う、その1

ハンドプレス機を使って、てこの原理でぐさっと穴をあけている人もいます。
業務用では、数万円と高価なこの機械が使われているようです。
Leather-Lifeというレザークラフトのオンラインショップのハンドプレス機はこちら。
小 ¥ 9,450、大 ¥16,065で別売りの駒をつけかえていろいろな打ち具として使用するようです。

(4)ハンドプレス機を買う、その2

自作の機械を販売している人もいます。
You Tubeで菱目とポンチで穴を開けているビデオが見られます。本当に静かです。
詳しくは静かに軽く菱目やポンチで穴あけできる機械へ。

(5)自分でハンドプレス機を作る

市販のドリルスタンドとドリルチャックの組み合わせで簡単に作れるようです。
baianoさんのHPには、オークションでこのような機械を購入されて使用した感想が載っています。そのオークション先のページは既になくみることができませんが、この写真から真似をして作ろうと思います!!

*ドリルスタンド・・・電気ドリルで垂直に穴を開けるために電気ドリルを固定して垂直に降ろせる装置。垂直ドリルスタンドとかハンドプレス機とか名前が付いてます。
*ドリルチャック・・・穴開けポンチや菱目打ちなどの棒をはさむ器具で、これでドリルスタンドにとりつける。
ドリルスタンドにも値段の幅があり、それなりに性能が違うのでしょうが、私はほんの趣味の駆け出しなので、最安で作りたいと思います!!

楽天でドリルスタンドとドリルチャックを調べました。ドリルスタンドも下のように種類もたくさんあり、ドリルチャックとの相性も大丈夫か心配。写真をよく見ると、baianoさんのドリルスタンドと下の左のは全く同じ物ですね。良かった、一番安いのでもいいみたい。

ドリルチャックは・・・。
棒をつかむ口径のサイズが1.5~6.5mm、10ミリまで、13ミリまで、などなどあります。
ちょっと打ち棒を計ったら10mmありました。
ポンチは先を付け替えるタイプを所持していますが、それが10mm強だったので、13ミリの中から考えます。
キイレスタイプ、キイ付きタイプがあります。
キイを使ってドリル(私の場合は打ち棒)を取り付けるか、なしでも取り付けはずしができるか、
の違いのように認識しました。
キイ付きの方がしっかり締まりそうだけど、面倒でもありそう。
値段も踏まえて、また検討します。

〜*〜*〜*〜*〜*

そして、、、どれを買うか悩み、ネットで購入し・・・できました!!ちゃんと使えます(涙)
やはりドリルチャックの取り付けが、そのままではできませんでした。
そこでひと工夫をして、完成!
組み立ては「組み立て編」で紹介します!。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>