トートバッグ3

大きいしっかりとしたトートバッグを作りたい、
と思い、大きめの革を発注しました。(その経緯はこちら

構想

1)届いた革を最大限に使用して大きいバッグにする
2)雑誌が入る大きさ、お弁当箱が入る厚さ
3)定期が簡単に取り出せる外ポケットつき(ファスナー)
4)肩にかついで小脇にかかえられる程度の長さの持ち手

作り方
1)型紙を作る。カレンダーと広告紙でサンプルを作って確かめる。

2)切断。
3)コバ床磨き。
4)留め具作る→底にあてる革に4つ鋲を打ち本体に接着し、長編だけステッチ
5)裏ポケットの穴をあけ、作ったファスター付き内袋(布)を縫い付ける
6)脇を縫う。
7)底を縫う。
8)取っ手をつけながら見返しを縫う。
9)内袋を縫いつける。
***)どの順番に縫い合わせて行くかを考えながら、慎重に縫い合わせていきました。
固い革なので、裏返すことができない。
完成はこちら〜


前から

裏から

大きさ比較

上から

***************************
当初、ウチ袋は作るかまよっていたのですが、床磨きが足りなかったようで、ぽろぽろくずがでてきてしまい、ウチ袋をつけました。
布地は、レザークラフト・ドット・ジェーピーで購入のちゃんとした生地。
(生地(裏用)#65026の茶色)
これが、ぱきっとした生地で、付けたら急に売り物のようにかっこつき、とても気に入りました。方眼の織り模様なので、縫うときも目安になって使いやすい。

たいした量を買った訳でもないのに、長さ1メートルくらいの筒に巻き付けられてきたおかげで、折り目いっさいなかったです。(かっちりとした生地なので、たたむとキツイ折り目がついてしまいます)送料は一律390円。ここは、ちょくちょく工具や糸など購入していますが、そこそこ値引きもあるし、良心的なお店だと思います。

**************************

ウチ袋は巾着ではなく、見返しにあわせて全周囲ぬいつけました。
よって、トートバッグの宿命、中が丸見え。
ハンカチをのせて隠したりはしていましたが、せっかくのハンドメイドなので、
改良しました。簡単ですが、ウチ袋の生地でハンカチの半分くらいのサイズの長方形を縫って、上部にとりつけました。満足。

しかし、もっと大きな問題点が残っています。止め口が実は良くない。
普段、カバンにたくさん物をいれるので、ベルトの長さがたりなくてうまく留らない。
改良が必要です。
ベルトを長くするか、マグネットにするか。。。思案中

3 Responses to “トートバッグ3”

  • ユッキー より:

    素敵なバッグ参考になります。
    バッグの内側縦部分を縫う時は縫いにくいと思うのですが
    どの様に縫っているのですか?

    • crara より:

      ユッキーさん、ありがとうございます。

      内側部分は縫いにくいですよね。
      固い革だと無理ですね。

      なるべく縫いにくくならないよう計画的に作るのが大事だと思います。
      始めに、最初から最後まで縫いあわせる順番(菱目を空ける順番、組み立てる順番も)をきちんと決めます。
      これを間違えるとホントに縫えなくない場所が出て来てきますね。

      布なら後でポケットをつけることができても、
      革だとそうはいきませんからね。

      私はこの計画段階も好きで、
      頭の中でシュミレーションして紙に順番も書き出します。

      それでもどうしても縫いにくいところが出た時は、
      無理矢理縫います。革になるべくシワがつかないように・・。
      答えになっているでしょうか。。。?

  • ユッキー より:

    回答ありがとうございます。
    シミュレーションしながら頑張ってみます。

    とりあえず小物から今は馬蹄形のコインケースにチャレンジ中です。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>